この症状があったら五十肩・四十肩かも??











またブログの更新が遅くなりました。


五十肩・四十肩でお困りの方は是非最後までお読み下さい!!


五十肩・四十肩にも段階があります。


まず急性期(3ヵ月~半年)


腱にキズができて、炎症が起きている状態。ズキズキとした痛みが

大きく、肩だけではなく首~腕までじんわりとした痛みが起きる。


そして慢性期(半年~1年)


ひどい痛みは落ち着くが、肩周りがじんわりと硬くなって動きが

とても悪くなっている。


それから回復期(1年~3年)

だんだんと痛みが良くなり肩関節周囲炎でしたら楽になる。


これが五十肩・四十肩の一般的な経緯です。


そしてこれから五十肩・四十肩にみられる症状について

書きますのでそれぞれ〇・✖で答えてみて下さい!!

後で「肩関節周囲炎」・「五十肩・四十肩」・「拘縮肩」

それぞれどれにあてはまるか?にもチェック!!


① パソコンや事務作業や日常生活などで前かがみになることが多い?


② 手を前にあげた時に90度以上あげることができる?


③ 90度以上あげた時に肩に痛みを感じる?


④ ③のことが両肩も同じ高さにあげることができる?


⑤ 夜中に肩周辺に痛みを感じ目を覚めることがある?


⑥ 髪の毛や服の着脱をする時が痛くて辛い?


⑦ 時々、肩に激痛が走る?


⑧ 肩の痛みが3ヵ月以上続いている?





(判定結果)

①~④に〇がついた方は「肩関節周囲炎」の疑い

①②⑤⑥⑧に〇がついた方は「五十肩・四十肩」の疑い

②④は✖⑤~⑧に〇の方は

「拘縮肩」・「腱板不全断裂」・「石灰沈着性腱板炎」の疑い


それぞれ「肩関節周囲炎」・「五十肩・四十肩」・「拘縮肩」

について当院に来てもらったらどうなのかも説明します!!


「肩関節周囲炎」

これは痛みが出て半年ぐらいで痛みはあるが肩は動く状態

1~2年以内ぐらいに良くなると言われていますが

当院にきてもらうと個人差もありますがある程度早めに

楽になります。


「五十肩・四十肩」

これは痛みが半年以上続き肩の動きが悪い。腕のあがり方

に左右差があったり、夜間痛が出ている。

当院では個人差がありますが一定程度早めに楽に

なります。


「拘縮肩」

これは五十肩・四十肩が重症化した状態。

痛みが3ヵ月以上続き拘縮が進み、腕が

あがらない。自然治癒では不可能と言われていますが

当院では個人差があるのですが、まあまあの時間

が必要なのでこれは一度みさせてもらってから

どのくらいなのかを言うレベルです。


このように簡単にまとめてみたのですが


分かりやすかったでしょうか?


最後に共通点としては

一日でも早く、今の状態を知り当院も含め

専門家の所で良くしてもらうことが

大事です!!


もしこれをお読みになって、少しでも

共感してもらえたら是非本気整体院へ

一度お越しください。







特集記事