五十肩を予防するストレッチの極意


















腕が上がらない。一度発症してしまうと腕が動かせないなど、激しい痛みを伴い


日常生活にも支障の出る症状です!これを放置していると1〜2年近く続くことも


あり、長い期間痛みなどの症状で苦しみ続けることになります。よく、五十肩・


四十肩は年月とともに痛みがなくなり『自然に治る』と言いますが、正確には


『治る』ではなく、『一時的に症状が落ち着く』だけなのです。つまり再発の


リスクは常にありますし、反対側の肩が発症する可能性もあります。五十肩に


なってしまったら、放置せずにしっかりと治す必要があります。


そんな、厄介な五十肩・四十肩ですが、予防することはできるのか?に


ついて解説していきます。



五十肩の検査


最近までの、肩関節の検査ではレントゲンが中心でした。レントゲンでわかる


ことは、骨の異常だけで肩に痛みがあり動かしにくさがある、しかしレントゲン


で調べても骨に異常は見つからない。このような状態をひとまとめにして


長く、五十肩(正式には肩関節周囲炎)と呼んできました。


ですが、MRIや超音波検査などの検査方法や医療研究の進歩により


五十肩と呼んできたものの中には、『烏口突起炎』『上腕二頭筋長頭炎』


『肩峰下滑液炎』『腱板損傷』『癒着性関節炎』『石灰沈着性腱板炎』


などがあり、それぞれがどんな病気なのかが解明されてきてどんな


対処をすれば、いいのかも分かってきています。



運動やトレーニングで五十肩を予防できる??


五十肩は50歳になると必ず発症するものではありません。


発症しやすい年齢と言われている40代になる前から肩の筋肉


や関節の周りを柔軟し、インナーマッスルを鍛えておくことで


五十肩の予防につながります!!


ストレッチ①

両手を頭の後ろで組み、深呼吸しながら腕を外側に捻るように

広げていきます。こうすることで、猫背姿勢によって硬くなって

しまった胸の前の筋肉を伸ばすことができます。



ストレッチ②

バスタオルを使用します。バスタオルの両橋を持ちバンザイを

するように頭の上にかかげます。その状態からタオルをひっぱり

ながら身体を左右に倒していきます。この方法のポイントですが

身体を右に倒す時は右手でタオルをひっぱりながら身体を右に

倒し、左に倒す時は、左手でタオルをひっぱりながら身体を左

に倒します。



ストレッチ③

これは、よく野球選手もするストレッチで、片方の腕で首の後ろ

を触ります。その時、肘を出来るだけ天井に向けるようにしましょう。

反対側の手で上げた方の肘を反対側にひっぱります。

例えば左肘を天井に向けている状態で右手で左肘を右にひっぱり

ます。そうすると、左の脇周りの筋肉が伸びます。反対側も同じように

伸ばしていきましょう。



ストレッチ④

頭の後ろで手を組み、そして片足を前に一歩踏み出します。深呼吸を

しながら踏み出した足と同じ側に身体を捻ります。右足を一歩踏み出した

場合は身体を右に捻ります。左足を一歩踏み出した場合は身体を左に

捻ります。




まとめ

これらのストレッチはあくまでも一例ですが、一番大切なのは普段から


腕を肩よりも高く上げることや柔軟性を高めることが重要です。


日常生活の中で腕を肩よりも上にあげる機会は少ない人が多いと


思います。今回はテレビをみながらでもできるストレッチを紹介しました。


ストレッチは五十肩・四十肩に関わらず、その他の症状を予防すること


に関しても効果的です。また、今回は肩関節周囲を中心にストレッチ


を紹介しましたが、五十肩の予防には肩関節以外の部位のストレッチ


も必要になります。例えば、お尻周りの筋肉や体幹の筋肉、首周りの


筋肉などのストレッチも必要になることがあります。


また、ストレッチ以外にも、トレーニングなどでインナーマッスル


を鍛えることも重要です。簡単な方法では『腕立て伏せ』が代表的


です。腕立て伏せを行うことで肩甲骨を動かすことができますし


肩関節周囲や腕周りの筋肉のトレーニング効果も期待できます。


肩甲骨とは本来、肩関節のスムーズな運動を補佐する役割があり


肩甲骨が硬くなってしまうと五十肩を引き起こす可能性が高く


なってしまいます。五十肩発症のリスクを最小限にとどめるにはストレッチ


やインナーマッスルのトレーニングなどが効果的です。


五十肩や四十肩を予防して、生活の質を高めていきましょう!!

特集記事