猫背が原因で五十肩に!!






















特にこれという原因がないのに、ある日突然肩に激痛が走り腕が上がらなくなった


・・・このような症状は特に50代の方が多く一度発症すると1~2年近く痛みと


付き合わなくてはならなくなることがあります。


普段何気なく腕を動かしたり高い位置にあるものを取るために腕を上げたり


していますが、実はこの動作、ものすごく複雑な筋肉の運動連鎖が起こって


いるのです。腕を上げるだけでも肩の筋肉だけではなく、首や肩甲骨・背中


などの様々な筋肉がお互いをサポートし合って働いています。本来、お互いに


サポートし合う筋肉ですが、何らかのの要因でサポートできなくなりそれを


積み重ねていくと、いわゆる五十肩・四十肩と呼ばれる症状を発症してしまいます。


今回は筋肉同士のサポートを阻害する要因の1つでもある、猫背が原因の五十肩


について解説します。


猫背が原因で五十肩に!?


一般的に言われるいる猫背になると、なぜ、五十肩になりやすいのか?


という所ですが猫背になると


①肩甲骨を内側からコントロールする筋肉が引っ張られてしまい

 

 筋肉本来の機能が正常に機能しなくなります。腕を上げる時に


 背中の筋肉が動かなくなるので、肩を動かせるための筋肉と肩甲骨


 の運動連鎖が上手くいかなくなります。筋肉が正常に機能していない


 ので、放っておくと、日に日に負担が積み重なり肩関節内で炎症を


 引き起こし五十肩になります。


②巻き肩になり肩関節の運動に関係する筋肉が硬くなってしまいます。


 巻き肩になると、大胸筋や小胸筋などの胸と肩の筋肉が硬くなって


 しまいます。最近ではスマホ巻き肩と呼ばれているのですが


 スマホを使う姿勢が悪く肩が前方向に巻きこまれます。


 日本人のスマホの平均使用時間は、だいたいの人が一日1~3時間


 ほど使っているという調査結果(2017・MMD研究所調べ)


 が出ていてそれだけの時間スマホ操作をしているので姿勢が悪く


 なり肩周辺の筋肉が硬くなりやすいです。スマホをよく操作する方は


 使用時間が短い人と比べると五十肩・四十肩が発症するリスクが


 高くなる可能性があります。便利な機器ですが、それだけ病気の


 可能性もおおいにあるので要注意ですね。


首が前に倒れるため鎖骨による肩関節のコントロールが効きにくく


なります。なぜ、猫背になると首が前に出るのかというと身体の重心位置が


前に出るので姿勢保持が楽になるんです。首が前に出ることで姿勢維持


は楽だけど、鎖骨が動きにくくなるので腕を動かしにくくなってしまいます。


鎖骨が動きにくくなると、首の筋肉の広頚筋というあごから鎖骨にかけて


付着している筋肉が硬くなります。そうすると、鎖骨が上方向に向けて


回転します。その回転が持続的に行われているので肩には余計な負担が


かかってしまいます。鎖骨に関する豆知識ですが、一般の肩には鎖骨の


存在理由がわからない!という方が多いので簡単に説明すると


「肩関節の広い可動域確保には必要」「骨折することが多い」という


2つの特徴があります。余談ですが、この広頚筋が硬くなることで


フェイスラインのたるみなどの美容の問題も発生しやすくなります。


猫背を解消するためには!?


猫背が原因で発症する五十肩について説明しましたが、ではどうすれば


猫背を解消できるのか?という疑問を持たれた方がいらっしゃると


思います。それなので猫背を解消するための立ち姿勢について解説します。


猫背になってしまう人の立ち姿勢の特徴があり


猫背姿勢の人の8割近い方が立っている時に


・体重がつま先に乗っている

・体重が左右どちらかに乗っていてバランスが悪い


という特徴があります。これは利き足と軸足というのがあるので


自然とそうなってしまいがちなのですができるだけそういった要因を


排除できれば、猫背になるのを予防できます。猫背を予防できれば


本当に辛い、五十肩のリスクを最小限に抑えることも可能です。


それを踏まえた上で猫背予防の立ち姿勢の解説をします。


立ち姿勢改善法は


①普通に立つ


②立った時に自分の立ち方のクセ(体重がつま先に乗っていないか?

 左右どちらに乗っているのか?をなんとなくでもいいので)を

 感じてみましょう。これを知ることで、普段から意識付けが

 できるようになります。


③立ち姿勢の時に内くるぶしと外くるぶしの真下にボールペンや割りばし

 などのまっすぐの棒を置きます。その時に体重を棒の上にのせる

 ように立ちます。


この①~③が立ち姿勢を改善するための立ち姿勢です。ものすごく


簡単で1~2分くらいでできるので一度試してみて下さい。試したら


一日に2~3回はこの方法で正しい立ち姿勢を保てているかを


チェックして下さい。慣れてきたら立ち姿勢がしっかりと保てる


ようになりますので、慣れるまで毎日チェックをしてみて下さい!


まとめ

猫背の姿勢だと、姿勢保持が楽だと思います。しかし、楽をした分


必ず後から色んな所が悪く出てきます。その代表として五十肩


四十肩という形で発症し、最悪の場合には手術や夜眠れない


ぐらいの痛みに襲われる可能性があります。


最悪の事態を向かえないように、痛みが出ていない今のうちに


猫背を解消して五十肩・四十肩の予防をして下さい。また、すでに


五十肩・四十肩になってしまっている方は猫背を解消することで


治りがよくなるので実践してみて下さい!!





特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索