足の裏に何かついているような状態?の人


しばらくブログ記事がかけていなかったです。本気整体院の小川です。

今回もみていただきありがとうございます。今回は実際の患者様のこと

について書きたいと思います。この方は2~3ヵ月前から足の裏に何かついて

しまった状態が続いていて整形外科で診断みても腰~下半身に原因があるん

ではないかと言ってシップしかもらえなかったみたいです。最近では足に力を

入れることが厳しい状況なので、歩くことが恐くなっているので、このままでは

ダメだと思っていた所、娘の紹介で当院へ来ました。

問診をしていくとある所が原因でした。

まずは原因をみつけるためにいつから悪くなったとか?

どういう時が辛いとか? どのような時に変化がでるのか?

を徹底的に調べた結果ある所が原因だと確定しました。

それはどこの場所だと言うと??

下半身の中にある腓骨筋の長腓骨筋と言われる所です。

なぜここが原因だと分かった理由は?

ここをアプローチした時に患者様が足の裏に血が流れてきた感じが

分かるようになった。と言ったのでこれが原因だと確定しました。

今までが足の裏が冷たくて、年中湯たんぽをしないと寝れないぐらい

冷たかったみたいなのが、この筋肉を緩めることで、実際に足が温かく

なっていく様子がとても分かるように結果が出たのでいいアプローチ

ができて満足されました。

 総論として

なかなか本人ではわからないですし病院でみてもらっても患者様は治したい

と思って行動するのですが、実際にはうまくいかずにあきらめないといけない状況

になってしまっている人がとても多いので、他の所などでうまく結果がでなかった

人は一度当院にお問い合わせください。いいようになるためのお手伝いできますよ!

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索