整形外科と本気整体院の違いとは!


これから明確に違いについて書きますのでお読みください。

まず、例として腰が痛いとしましょう。病院(整形外科)では「レントゲン写真をとりましょう」ということでレントゲン写真をとることがほとんど多いです。そこで病院の先生が言うことは「骨と骨の隙間が狭くなっていますね」とか「骨には異常がありませんね」がとても多いです。

「それではシップでもだして安静にしてくださいね」とあなたは今までこのようなことを言われたことはなかったですか? ここではっきり言いたいと思います。昔から腰が痛い方・朝起きて痛い方・ヘルニアと言われたことがある方はシップを貼り続けることによって悪化することがあります。なぜなのかの理由としては、腰の筋肉がシップにより冷えて血管を縮めて筋肉を緊張させてしまいます。筋肉が冷えてしまうことにより筋肉の中の血管が縮まり血流不足により痛みが出ることと、シップの中に薬品が入っており、それが使用期間が長期間になればなるほど

内臓の動きが硬くなり腰への痛みとして発生します。本気整体院では根本から見直し他の所ではできない根本改善を確実に行うことで皆様の健康向上にお役立ちしていますので、心当たりのある方は早めの治療をおすすめします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
タグから検索